インフル対策|インフルエンザ・ノロウイルス・院内感染等の対策

キャッチ

ノロウイルス情報

ノロウイルスは毎年11月くらいから発生件数が増加しはじめ、1~2月が発生のピークとなる食中毒の原因のひとつで、感染力が強いウイルスです。
ノロウイルスの潜伏期間は24~48時間で、症状は下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱などがあり、通常は3日以内に回復しますが、症状が消えても1週間~1か月間は糞便中にウイルスが排泄されます。感染者の中には症状が出ない人もいますが、糞便中にはウイルスが排出されています。
  一部の症例では子供やお年寄りに重症化がみられ、吐物を誤って気道に詰まらせるなどで、死亡に至ることがあるので注意が必要です。

[厚生労働省]

ノロウイルスに関するQ&A

ノロウイルス食中毒対策について(提言)(平成19年10月12日)

[食品安全委員会]

ノロウイルスの消毒方法

●食中毒菌「ノロウイルス

1


弊社ではお客様である、企業様・施設様にご要望に応じて
「ノロウイルス対策マニュアル」発行しております。
詳細は直接お問合せください。



感染しないための対策

細菌とウイルスの違い

細菌←→ノロウイルス(ウイルス)
食品中で増殖する←→食品中で増殖せず、人の腸管内でのみ増殖する
一年通して発生は見られ、多くは夏季にピークを迎える←→ 一年を通して発生は見られ、冬季にピークを迎える
培養できる←→培養できない

OEM・ODM一覧のページへ

現在地:トップページOEM・ODMノロウイルス情報